本契約が迫っているので、最終決定を迫られている事がたくさん💦

今回は決定したトイレについて!

トイレでこだわわりたいポイント

トイレにこだわりってありますか?

落ち着いていて、BESSにマッチするオシャレな空間にしたい!

トイレのインテリアの構想は大体決まっています。

しかし、肝心のトイレその物については特に考えていませんでした。

 

・掃除がしやすい

・シャワー機能付き

Chiyo
こだわるとしたらこれくらい?

 

しかし!

チチローは違います。

トイレには並々ならぬこだわりが…💦

☆チチロートイレのこだわりポイント☆
タンク式
(トイレに井戸水を使用予定の我が家の場合、メリットが多い。)
掃除がしやすい→フチがないタイプ
(Chiyoはズボラなので掃除に期待ができない。徹底的に掃除しやすいやつが良い!)

シャワートイレ→できればTOTOアプリコット
(水の当たり方が全く違う!TOTOは抜きんでている!)

温水洗浄は瞬間式
(節電効果あり)

 

Chiyo
しょ…正直ここまでとは…💦
トイレ…さらっと決まらない予感…

 

こだわりポイントの検証~タンク式~

トイレの2台巨頭、TOTOとLIXIL(INAX)

どちらにするか?

個人向けに力を入れているLIXILはデザイン性でも優れている!

いや、トイレといえば業界シェアNo1のTOTO!

双方メリットもデメリットもあります。

今回は、チチローのこだわりポイントに焦点を絞って選んでいきます。

 

①タンク式

何故タンク式が良いか?それは次の2つの理由があります!

ちなみにBESSの標準設備は全てタンク式です。

☆理由その1☆
水圧!

BESSのワンダーデバイス9スパンは、2階にもトイレが標準装備。

間取りに余裕があるなら2階のトイレは必須ですよね!

タンクレスは見た目がスッキリしててカッコ良いですが、水道直結式。

必要最低水圧を満たしていないと、水流に問題が生じます。

2階に設置する場合は無理やりポンプを付ける等の対応が必要💦

Chiyo
どうしてもタンクレスデザインが良い!
という場合は、2階をタンク式、1階をタンクレスにすれば良いですね♪
☆理由その2☆
停電時に使いやすい!
タンクレストイレは電気を使って水を流す仕組み。
停電時には便器の後方についているパネルを外して、レバーで流します。
水道直結と言っても、基本的にはバケツにためた水で流す必要があります。
それに比べ、タンク式はタンクについているレバーで、流すだけ。
そして、我が家はトイレに井戸水を使う予定。
トイレの停電・断水対策はバッチリ!
(地震等で井戸水の配管が折れたりするとバケツの出番ですが…💦)

Chiyo
それに、タンク式の方がコストが安い!
我が家は2つトイレを導入する為、コスパの面でも優しい♪

 

長くなったので次回へ続きます!

 

 

 

Chiyo
よろしければクリックを~!

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

おすすめの記事