おすすめ記事
備え付け収納を減らして「見せる」収納へシフト!
スポンサーリンク

家を建てる時に必ず悩む収納スペース。

BESSの標準プランでは、各部屋にクローゼットがあったり納戸があったりしますよね。

展示場でそれを見た時に、私には使いこなせないな~と感じていました。

スポンサーリンク

私が備え付けの収納スペースを減らす理由

 

間取りプランニングをした際から言っていた通り、

我が家はほとんど備え付けの収納スペースがありません。

今回はその理由について掘り下げていきます。

 

コスト削減

 

標準プランにあるクローゼットをやめるとその分費用をマイナスしてくれます。

扉やレールがついているので高くなるのは当然ですよね。

考えなしになくすと大変な事になりますが…(笑)

自分好みの収納スペースを作りたい

 

折れ戸が収納スペースを圧迫したり、扉があると湿気がたまりやすくなります。

以前住んでいた家の押入れが湿気がたまりやすく、対策を怠るとカビがだらけに…💦

収納が下手な私はクローゼットや納戸の使い方が下手で、有効利用しきれませんでした。

もっと自分好みでわかりやすい、それでいておしゃれなものがいいとずっと構想を練っていました。

 

部屋をできるだけ広くしたい

 

備え付けのクローゼットは丈夫ですが、その分スペースを取られます。

子どもが4人いるので、子ども部屋を確保すべくできるだけ部屋を広くしたい。

こんな理由からクローゼットや納戸などのスペースは極力省きました。

おかげで2階には夫婦の寝室に共有スペース、子ども部屋4つ、トイレもあります。

 

「見せる」収納でおしゃれでわかりやすく!

 

収納下手なくせに備え付けの収納スペースをなくしたい。

そんな無謀な考えの私がたどり着いた結論は、「見せる」収納。

・扉をなくして湿気の問題を解決。

・何がどこにあるか一目瞭然で子どもにもわかりやすい。

・わかりやすいので自分で片付けてもらえる。

なんだかいいことばかりじゃないですか!?

これは性格の違いや好みもあるので、もちろん万人受けはしません。

あくまでも私個人の見解なので、ご了承下さいね~!

では、私が考えた「見せる」収納をそれぞれ紹介していきます。

ニッチ棚

 

家を建てるまで、こんな方法があるとは知りませんでした。

展示場で洗面台の壁に作られているのを見て、「これだ!」と思いました。

これが我が家の洗面台↓

ただ、これは大工さんの造作になるので、お値段はそれなりにします。

なので、場所を厳選してサイズやデザインはかなりこだわりました。

我が家はここ以外にもあと2か所ニッチ棚があります。

ニッチ棚については、次回デザイン図作成の様子など詳しくお伝えします♪

とってもお気に入りです!

 

IKEAの壁収納で憧れのウォークインクローゼット

 

これは昔あるモデルさんの自宅を見てから、ずっと憧れていました♪

夫婦で服が大好きなのでいつも収納スペースに悩まされていました。

もう大大大満足の出来です♪

朝起きてこの場所に行くだけでワクワクします。

女子の理想がつまっていますよ~!

これも詳しく、別の記事で紹介しますね♪

 

子ども部屋はハンガーラック

 

当初、子ども部屋は洋服ダンスを置く予定でした。

しかし、IKEAでローコストで可愛いものを見つけてこれしかない!と即決。

(↑写真は2台分です。このお値段は1台分。)

これのお陰で子どもたちが自分で服を選んで着替えられるようになりました。

さらに、洗濯物をとりこんだあとに自分の服を片付けることも…!

Chiyo
考えに考えぬいたおかげで、理想の生活が手に入りました~(涙)💦

 

しばらくこの収納シリーズで更新します♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
おすすめの記事