スポンサーリンク

BESSの水回りの標準設備について!

BESSの水回りラインナップ!

生活する上でとっても重要な水回り施設。

☆決めなきゃいけない水回り施設☆
・キッチン
・お風呂
・トイレ
・洗面台

BESSにはそれぞれ、あらかじめ標準プランが備わっています。

選べるメーカーは4社。

☆BESSの水回り標準施設メーカー☆
・LIXIL
・TOTO
・Panasonic
・クリナップ(トイレは無し)

それぞれの施設ごとに好きなメーカーを選べます。

 

もちろん自分好みの施設を導入して、標準プランで組み込まれている金額を建築費からマイナスさせるのもOK。

 

我が家の場合はキッチンをIKEAのプランニングで施主支給します。

トイレやランドリールームの洗面台もIKEAで施主支給する予定です。

 

 

洗面所は水栓とボウルを施主支給にして、デザインを指定して造作してもらいます♪

キッチンと洗面所は人目にも触れる場所なので、とてもこだわりたかった!

 

しかし、毎日使用するトイレとお風呂に関しては全くのノータッチ…💦

お風呂とトイレは施主支給する事にメリットはほぼないかな?

ネットで安いユニットバスを見かけますが、新居にはちょっと…💦

Chiyo
大家的にはアパートリフォームに使うにはOKですが…

 

BESS経由で上記4社のメーカーの物を入れれば定価の6~7割になります。

LIXILの見積、お風呂300万円なら上乗せは大体160万円と言われました。

標準設備がだいたい80万円くらい?

(300万ー80万)×70%=154万

大体こんなものかな?メーカーや設備によって割引率が違うようです。

ショールーム巡りはお早めに!予約必須!

決めなきゃな~…と思っているうちにあっという間に本契約が迫っていた…!

Chiyo
これはいけない💦

 

タイトなスケジュールで上記4社のショールームを全て回りました。
(幸いにも、車で30分圏内に全てのショールームがあった~💦)

全社を回った結果、トイレとお風呂の見積をLIXILとTOTOで作成する事にしました!

正直言って、内容はそこまで変わらないかな~。

それぞれ得意不得意があり、価格とも相談して総合的に判断します。

 

ショールームを見ていると、LIXILは圧巻でした!

個人に向けてのアピールをするため、規模が大きく見せ方も拘っています。

TOTOはどちらかというと企業向けのイメージ。

一括で大きな売り上げになるので、個人向けにはそこまで力をいれていない印象でした。

しかしどちらも人気企業。

相談の予約はいつもいっぱい…💦

ただ見るだけなら問題はないけど、見積作成となればそうはいかない💦

LIXILの場合はネットで、TOTOは電話で、各ショールームの空き時間を確認しての予約必須です!

それも1回で終われば良いですが、水回り設備も高い買い物。

計6回の予約相談を経て、ようやくプランが決定しました。

キッチンは大まかなプランを立てて、水栓の位置さえ決めておけば上棟ぐらいに図面を出せばOK。

水回りで一番早い段階で入れてしまうのがお風呂、次いでトイレというのを失念していました💦

Chiyo
私たちには農転問題で1年プランを練る時間があったのに…!

 

お風呂とトイレは早い段階でショールームを回って、納得のいくまで見積をとってくださいね♪

次回は、我が家のトイレのお話!

チチローのトイレへのこだわりが爆発しています!

 

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村




おすすめの記事