スポンサーリンク

危険と隣り合わせなチェーンソー。

防護服は必須!今回はヘルメットとブーツを紹介します!

チェーンソーのキックバックを防ぐ!

チェーンソーを扱うときに注意したいのがキックバック

キックバックとは?

機械の駆動力によって機械が跳ね飛ばされる非常に危険な現象!

★キックバックの危険性★

・何の前触れもなく発生する

・初めから終わりまで一瞬

・非常に強い力で跳ね飛ばされる

・作業者は完全にコントロールを失った状態であり、なす術がない

・機械が飛んだ先に自分や他人の身体があれば命にかかわる

引用:森づくり安全技術・技能全国推進協議会

Chiyo
こ…恐すぎる!!もう使うのやめて!

 

なんて恐ろしい現象なんだ…!

一瞬の事でなす術もないなんて💦

やはりヘルメットもハスク!

そこで、キックバックが起こった時に守ってくれるのがヘルメット。

これは普通のヘルメットでは完全には防げません。

 

動力機械作業はヘルメットだけでは不十分!

チェンソーや刈払機などの動力機械を使うと…

枝などの引っ掻き・飛散物・騒音などよって顔・目・耳に障害を受ける恐れがあります。

ヘルメットだけでは、全てのリスクを回避することはできません。

ヘルメットに加えてフェイススクリーン・保護メガネ・イヤマフを着用しましょう。

引用:森づくり安全技術・技能全国推進協議会

 

チェーンソーのヘルメットは、様々なものが売っています。

その中でチチローが目を付けたのは、はやりハスク!

 

チチロー
やはり見た目も、この鮮やかオレンジで統一したい!
ま~これもお高いですが、機能性も申し分なし!なので購入しました。
前回紹介したチャップスは、円陣で購入しました。
しかし今回は3万円以下で送料がかかります。
まとめ買いをしない場合は、楽天かYahooーで最安値を調べて購入した方がポイント分お得!
我が家は現在ソフトバンクユーザーなので、一番ポイントが貯まるYahoo。
すっかり御用達のニッチ・エクスプレスで購入。

 

わかりにくいですが、テンションがあがりまくっているチチローです!

ブーツもやはりハスク!

 

足を守ってくれるチェーンソーブーツ。
ブーツはつま先から足首の少し上までを守ります。
つま先には金属や樹脂のカップが入っていて、落下物(例えば切断した丸太が落ちてきたときなど)から足を守ることもできます。
引用:森づくり安全技術・技能全国推進協議会
ブーツタイプの安全靴ですね。
これもメーカーによって様々なものがでています。
その中でも、やはりダントツにカッコ良いハスク!
これもヘルメットと同じ理由から、Yahooのニッチエクスプレスで購入。

安定の鮮やかオレンジ!このコロンとしたフォルムもかわいい♪

紐靴タイプが主流ですが、この長靴タイプ脱着しやすいのが良い!

木くずや葉っぱが紐の間に入ってこないのも良い!

夏場は蒸れやすいかもしれませんが…💦

チチローの足のサイズはスニーカーなら28cm。

革靴なら27cm。甲高幅広。

大きめサイズがオススメと紹介されていました。

山道も歩くことを考慮して42(27.5cm)を購入。

43(28.5cm)と迷いましたがこれで正解でした!

薪作り作業は主に冬場。足底にあったかインソールを入れてもぴったりサイズ!

安全靴はつまさきに余裕があるので、ぴったりサイズが丁度良かったです。

↑装着の様子。チャップスも履いてほしいのですが…!

薪伐採グループに連れられて山に入る際は、完全装備。

初めての素人なのに、全身ハスクバーナでの鮮やかオレンジのチチロー。

薪先輩のお師匠の、県内トップクラスの薪愛好家の薪先生(ハスク愛用)に、

「間違いない!」

と言われたようで、ホクホク顔で帰ってきました。

薪作りは大変な労働。しかも毎年延々としていく必要があります。

趣味じゃないと続かない!

ハスク揃えは高い出費でしたが、チチローのモチベーション維持には欠かせません。

みなさんも、お気に入りのメーカーを見つけて薪ライフを楽しみましょう♪

 

 

Chiyo
よろしければクリックを~!

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

おすすめの記事