スポンサーリンク

BESSの間取りは箱の形が決まっている。

ベランダとリビングの向きさえ守れば、基本的に自由に決められます。

Sさん
BESSは毎年方針が変わるんですよ。
なので全く自由に出来ない年もあります💦

 

幸い我が家が仮契約できた年は、自由にやって良い年でした。

しかし、仮契約の何ヶ月後かの方針変更で自由設計が制限される事に・・・💦

そこは融通を利かせて仮契約当時のプランで建築してもらえる!

一安心のChiyo一家でした~!

Chiyo
危なかった~💦

でもその為には我が家がプランニングしたものを期限までに提出しておく必要があります。

何としても、間取りだけは確定しておかなければ!

そうすれば前もって建築資材を発注したりできるので、コスト削減にも繋がると・・・!

ちなみに私たちが間取りを最終決定する期限は、2017年10月末。

やっぱりBESSが好き!

余談ですが、以前他の住宅メーカーさんに行った時の事です。
(頻繁に出てくる某有名ハウスメーカーさん以外もたくさん行っています!)

簡単な手書きの間取りを見せて、BESSと同じようなリビングにできるか聞いてみたところ…。

2×4(私が聞いたところは木造でこの構造ばかりでした)では、

「この広さは不可能です。」

と言われ、BESSの魅力を再確認♪
(この広さだと設計上、どうしてもリビングに壁や柱が入ってしまう。)

他にも、BESSは薪ストーブを入れるときの保証なんかも充実しています!

うちの場合、農地転用や擁壁・造成は大変💦

だけど、せっかく郊外に広い土地があるのだからそれを活かしたい!

家族全員で過ごす広々リビング。

これはBESSのようなログハウスの設計じゃないとできないようです。

Chiyo
それ以外は鉄骨やRCになってくるのかな?
凄腕建築士さんなら可能?

 

・・・どちらにせよBESS価格では実現不可能・・・💦

理想の間取りへの道

脱線してしまいましたが、プランニングの話に戻ります!

8年間BESSに住む妄想だけはしてきたので、何通りも間取りは考えていました。

実際に建築士さんからすぐにOKをもらえるような間取りは、素人には難しい。

しかし!私たち夫婦は先述した通り・・・

不動産業に関わってきている為、色々な間取りの物件を目にしています!

実際に自分が所有する物件のリフォームも手掛けてきました。

Chiyo
文句なしの理想の間取りをプランニングするぞ~!

と気合十分に取り掛かりました。

…まぁ、偉そうな事を言っておいても、実際は素人に毛が生えたようなものなんですけどね(笑)

Sさん
2Fは後で何とでも考えられるます。
1Fが主軸になってくるので先に決めておきたいですね。

 

とアドバイスを受け、まずは1Fをプランニング。

前回の記事の我が家の譲れないもののほとんどが1Fに関わってきます。

比較的簡単にできるだろうと思っていたChiyo。

しかしこの単純なパズル作業が何とも難しい!

Chiyo
手書きでやっていると頭の中がぐちゃぐちゃになる💦

 

描いては消して~の作業も面倒・・・💦

 

そこで思いついたのがExcelを使った作業!

 

次回はこの、Excelを使っての間取りプランニングの紹介をします!

Chiyo
とっても画期的!便利ですよ~♪

 

間取り作りに苦戦している方はぜひ次回をご覧ください♪

 

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村




おすすめの記事