スポンサーリンク

 

これがないと建てられない!住宅ローン(我が家の場合)のお話です。

「貧弱!貧弱ゥ!」

↓実は夫婦で大家(自営)をやっています。

 

チチローは会社員なので副業が出来ず、私が表に立ってサポート(操縦)をしてもらっている形!

不動産の融資をお願いに数々の銀行を回り、青色確定申告も何とかこなしています。

起業の条件として、私の満足する家を建てる事を約束してもらいました。

 

しかし…不動産投資をする人にとって、マイホーム=負債」でしかない。

Chiyo
目標が矛盾している!

 

でもね、所有の物件のリフォームを一生懸命考えておしゃれにして…

ふと自宅を見たら外トイレ(和式)…。

Chiyo
こんなの目標がないとやってられない!

 

脱線してちょっと愚痴を・・・!すみません💦

相反する立場にある不動産経営とマイホーム。

銀行によっては…

不動産の借金がある人への住宅ローンの融資を敬遠するところも多い💦
(自己資金がたくさんある資産家の方は省く…)

それに加え…建築予定の土地は市街化調整区域!

 

・借金持ち(不動産は資産と見てくれない)

・市街化調整区域(担保にならない土地)

 

銀行からすれば、超貧弱属性の我が家!

慎重に事を運ぶ必要がありました。

「お任せで!」ができない

住宅ローンを考えた時に、一番手っ取り早くてスムーズに話が進む方法。

それはもちろん、建てると決めた住宅メーカーに動いてもらうやりかた。

各住宅メーカーで懇意にしている銀行の担当者に話が通りやすい!

仮審査も簡単な書類を出せばすぐに結果が分かります。

もちろん私たちもBESS担当Sさんにフラット35の事前審査だけでも申請するか聞かれました。

しかしここで懸念材料が…!

Chiyo

実は自営で不動産経営をやっているので、借金があります。

一応黒字経営ですが、物件を購入したばかりなので確定申告はマイナスで…

 

とこちらの事情を話すと、こんな返答が。

Sさん

不動産投資をされている方は最近多いですね。

黒字収支なら確定申告の内容を銀行側に説明すれば問題ないかとは思います

 

BESS経由で簡単な事前審査を申請できるそうです。

しかし!

もし×がついたらフラットの機構内で情報が共有される

というリスクがあると…!

個人的に直接銀行で説明した方がリスクは低いと教えてもらいました。

Chiyo
なるほど…!それは恐い!💦

 

私たちは不動産融資のお願いをするのに銀行回りは慣れっ子!

住宅ローンに必要な書類ならいつでも揃っています。

ちなみに必要な書類とは」…

★融資に必要な書類★
・確定申告書3期分
・各銀行の借入内容書類
・各物件の固定資産評価証明書類
・銀行の通帳コピー
・個人資産状況(終身保険含む)
・不動産運営状況(黒字経営をアピールする資料)

私たちが家を建てる土地は農地転用をする必要があり、とても時間がかかります。

Chiyo
それだけでも進めてもらいたい!

 

しかしBESS側からすれば…

 

まず銀行にいくら借りられるかの確証を得られなければ進められない!

 

まだ銀行は決めていなかったけど、Sさんのお勧めで…

市街化調整区域にも理解がある農家の味方!J○!

いわゆる農○にお話を聞きに行ってみました。

長くなったので次回へ!

 

 

Chiyo
よろしければクリックを~!

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

おすすめの記事