おすすめ記事
スポンサーリンク

やっと決定したIKEAのキッチンプランニング。

今回からはその詳細を掘り下げていきます!

スポンサーリンク

IKEAのレンジフード

 

レンジフードについては全く知識がありませんでした。

見た目が良くて掃除がしやすくて、あまり高くないもの。

Chiyo
これくらいしかこだわりが無い・・・💦

 

一応良さそうなものをLIXILで見つけて、単体で購入できるか聞いてみても・・・

やはりLIXILのキッチンでないと単体購入は難しいという返事でした。

そりゃそうですよね。

購入できたとしても、BESSの割引がきかないし定価で買う事になる💦

ネットで見てもよくわからない・・・

電気屋さんに行っても実物はあまり置いていない・・・💦

もうレンジフードまでもを施主支給する気力はありませんでした。

取り付けは基本的に買ったところでするのが基本です。

IKEAのレンジフードはお手頃で少数精鋭。

私達には一番楽な選択肢でした。

Chiyo
キッチン、食洗器、IHコンロそれぞれ段取りが大変すぎる・・・

 

そこでIKEAでセレクトしたレンジフードは、壁付の中では一番スペックが高いもの。

↓それがこちらです。

MOLNFRITT /モールンフリット ¥ 137,900

写真引用:IKEA

 

我が家の90cm幅にピッタリなワイドサイズ。

Chiyo
掃除が簡単なタイプです。

 

壁付・90cmをIKEAで選ぶならこれがベストチョイス!

他にも90cmサイズのレンジフードを紹介します。

 

KVALITATIV クヴァリタティーヴ / CDCA-209S ¥ 159,900

写真引用:IKEA

こちらも掃除が簡単なタイプ。

スリムなデザインでカッコイイ!

しかし、アイランドキッチン用の天井取り付けタイプ。

我が家には使えません💦

Chiyo
レンジフードにはそこまでこだわりがないけど、見た目はダントツにこれが好みでした!

 

DRAGFRI ドラーグフリ ¥ 114,900

写真引用:IKEA

こちらが90cmの壁付対応でスリムタイプ。

 

↓やはりボタンなんかがカッコイイ♪

 

↓モールンフリットのボタンは実用的過ぎる・・・💦

Chiyo
でも掃除の簡単さで言えばモールンフリットが最強・・・💦

 

フィルターの掃除方法の比較

 

ではどのくらいその掃除方法に差があるのでしょうか。

Chiyo
実際にIKEAで実物を見てきました。

 

DRAGFRI ドラーグフリのフィルター

↑整流板を外して

 

 

↑フィルターを取り外す。

これを洗うわけですね。一般的なフィルターですよね。

 

 

↑そしてこのファンを取り外して洗う。

Chiyo
清掃の頻度の目安は1か月に1回だそうです・・・

チチロー
却下。

Chiyo
もう聞かなくてもわかる💦

MOLNFRITT /モールンフリット、KVALITATIV クヴァリタティーヴ / CDCA-209S 

↑整流板を外す。

Chiyo
あれ?フィルターが無い・・・
↑このオイルトレーを外して洗うだけ。

Chiyo
え?これだけでいいの?
そう。このタイプはフード内部とファンが汚れにくい構造になっているだけ。
LIXILで似た商品を分かり易く説明しているページがありました!
しかもこのトレーも食洗器に入れれば終了・・・!

Chiyo
買うっきゃない!
もうチチローに聞くまでもありません(笑)
今は進んでるんですねー💦
さらにこんな、自動洗浄をしてくれる製品もあるとか・・・!
スポンサーリンク

掃除方法は必ずIKEAに確認!

それぞれざっくりと掃除方法を説明しましたが・・・
購入時は必ず店員さんに掃除方法を確認してください。
分解して洗浄してしまうと、保証の対象外になってしまう事があります。
どこまでをどのくらいの頻度で掃除すればいい?その方法は?
この質問を必ずしてメモをしておきましょう!

Chiyo
IKEAの商品って説明書が少ないですよね💦
レンジフードは実際にまだ届いていないから、説明書があるかどうか届き次第確認します!
次回はIHコンロについて!

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
おすすめの記事