おすすめ記事
スポンサーリンク

紆余曲折したIKEAのキッチンプランニング。

ようやくプランが最終決定しました!

Chiyo
ここに来るまで9か月・・・💦

 

スポンサーリンク

IKEAで最後のプランニング

 

前回のリモートプランニングから2週間後、IKEAで最終決定をしてきました!

土日に行く必要があるので、確実に予約を取れるよう3週間前から予約をしておきました。

最後はIKEAで

 

リモートプランニングでは、天板の色を黒にしてシンクと水栓をIKEAにする変更をしました。

IKEAのキッチンの黒い天板(ワークトップ)は3種類あります。

実際に見て手触りを確認したいので、最終決定はまたIKEAへ出向くことにしました。

今回のキッチンスタッフは男性の方。

Chiyo
知識が豊富で安心感がありました!

 

前回の女性の担当者、Rさんもとても良かった。

IKEAのキッチンスタッフの方は本当に優秀な方ばかりです♪

 

3種類の黒いワークトップ

 

3種類の黒い天板(ワークトップ)は、それぞれ見た目と性能が違います

 

EKBACKEN /エークバッケン(ラミネート加工)

一番オーソドックスなマットなブラック(ブラックストーン調)。

エークバッケンのブラックは他にもコンクリート調があります。

 

SÄLJAN /セールヤン(ラミネート加工)

 

セールヤンのブラック大理石調のタイプ。

どちらもラミネート加工なので性能は変わりません。

ただ、キッチンのアイランド部分を延長しているのでこのタイプだと継ぎ目が出ると言われました。

Chiyo
見た目はエークバッケンのマットな感じが好き♪
ラミネート加工の天板は、継ぎ目と性能がウィークポイント・・・💦

PERSONLIG/ペルソンリグ(人工大理石)

 

こちらは人工大理石。IKEAイチオシ!

Chiyo
この表面か~、完全なブラックじゃないのか・・・💦
人工大理石のメリット
①衝撃や傷に強い。
②耐熱性に優れている。
③お手入れが楽。
継ぎ目がない。
人工大理石のデメリット
①値段が高い。
②オーダーメイドなので発注してから1か月かかる。
③見た目が微妙?(人によります)
やっぱりキッチンは見た目も大事だけど、長く使うには機能性が大事
スポンサーリンク

ワークトップは人工大理石!

ラミネート加工と人工大理石のパターンと、見積を2通り作ってもらいました。
私たちのプランだと・・・
その差額はなんと、30万円!

Chiyo
えぐいな・・・!

チチロー
ど・・・どーする?Chiyoちゃん、継ぎ目とか気になる??

チチローが差額におののいている・・・💦

ここで私が弱気になればラミネート加工になるかもしれない!

Chiyo
超気になる!せっかくここまでこだわってきたんだから、人工大理石にしたい!

 

気付けば口から出ていました(笑)

チチロー
わ・・・わかった。そこまで言うならもう何も言うまい・・・。

と・・・通ったーーーー!

・もう引き渡しまでの期間が迫っている。

・IKEAに到着してすでに3時間(子どもたちが超不機嫌)。

私達には選択を迷っている暇はありませんでした。

Chiyo
この時の即決は絶対に間違いじゃない!・・・絶対に!

 

キッチンは一番こだわりたかったもの・・・!

最終決定金額と図面

 

そしてこちらが最終決定の図面です。

レンジフードはこの形ではありません。

シュミレーション上ではこれしか出ないみたいです。

そしてキッチンの最終金額は・・・

115万円!

これは配送料込。施工費別。

Chiyo
これに施工費をプラスしたら160万円近く・・・結構高くなった・・・

 

今回は天板(ワークトップ)だけしか詳細を伝えられていません💦

細かいパーツはまた順番に説明していきます♪

Chiyo
実は、本日キッチンの代金をIKEAに振り込みました!
もう変更はできません!💦

 

もう少し、我が家のこだわりキッチンにお付き合いください♪

↓続きはこちらです♪

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
おすすめの記事