スポンサーリンク

BESSのお風呂選び!

こだわりポイント②と③を検証!

★Chiyoのお風呂こだわりポイント★

①オーバーヘッドシャワーは絶対!

②そこそこオシャレなお風呂が良い!

③家族みんなで入れる広さが良い!

②そこそこオシャレなお風呂

 

この木のような壁パネルが選べるのは「SPAGE(スパージュ)」だけ。

値段もそれなりにするので、「Arise(アライズ)」で選べるパネルで雰囲気を近づけます。

パネルの雰囲気は、またもやこちらのバスルームかんたんナビがイメージし易い!

 

簡単に手順を紹介します♪

 

↑「戸建て」を選ぶ

 

 

↑お風呂の広さを選ぶ(我が家は1.25坪)

 

↑これは適当にチェックしてOK

 

↑「Arise」の場合は右のバーをクリック

 

これである程度イメージを掴めます。

事前にパネルの種類だけでもチェックしておくとスムーズに進められます♪

ショールームに行けば素材のサンプルがあります。

実際に手で触って質感を確かめるのも良いですね。

ショールームでは、PCの画面でCGイメージを作成してくれます。

Chiyo
さらに、実際の素材を使ってバスルームの模型も見せてくれる!

 

壁や床はもちろん、浴槽と浴槽側面のパネルも選べます。

様々な色や素材をを組み合わせる事ができ、より一層実際のイメージに近くなります♪

これでグッとお風呂の現実味が湧いてきました!

完成した模型でチチローの考えが変わり…

Chiyo
当初イメージしていたバブリーな黒の組み合わせはなくなりました!

 

模型を元に新たな組み合わせに変更しました!

③家族みんなで入れる広さ

 

流石に広さは1.25坪から変えられません(笑)

子どもと一緒に入った時に快適な浴槽を選びました。

身長180cmのチチローが足を伸ばして入れるかも重要。

実際にショールームにある浴槽に入り、体のおさまり具合を確かめました!

 

我が家が選んだのは1600ロング浴槽です↓

 

チチロー
この形と大きさが一番広く感じました!

 

実際にショールームで入ってみて、自分に合った浴槽を選ぶと間違いないですね!

我が家の最終決定プラン

ようやくこのプランに最終決定!

 

落ち着いた空間を目指しました。

プランの総額は、193万(税込)です。

だいたい70万円くらいの負担なので、ま~予算内といっても良いです。

TOTOでもこれに近いプランで、こちらより20万円くらい安い見積りも作成。

その場合の家主負担額は60万円。10万円ほどの差ですね。

迷いましたが、総合的に判断してLIXILを選びました。

細かいパーツを比べましたが、決め手になったのはシャワーです。

Chiyo
どちらのメーカーでも、本当に良いプランを作成する事ができました!

 

たくさんショールームに運んで真剣に選び抜きました。

我が家にとっては、コストと見た目、使いやすさで納得のプランです♪

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村




おすすめの記事