スポンサーリンク

「いっちゃんええやつ」ができたら、引き算開始!

無駄無駄無駄無駄~!

お風呂は身の丈に合ったプランに

↑これが我が家の「いっちゃんええやつ」プラン。

総額320万円(税込)で、BESS担当Sさんが言うには家主の負担金は160万円

Chiyo
これは完全に予算オーバー!💦

 

ここから必要ないものを削っていきます!

 

そして、前回私のこだわりポイントをピックアップしたのがこちら↓

★Chiyoのお風呂こだわりポイント★

①オーバーヘッドシャワーは絶対!

②そこそこオシャレなお風呂が良い!

③家族みんなで入れる広さが良い!

①から検証していきます!

①オーバーヘッドシャワー

LIXILイチオシののオーバーヘッドシャワー、「アクアタワー」

出典:LIXIL

 

実際に展示場でブラックタイプを見たチチローが「カッコ良い!」とお気に入りでした。

しかしこれ、LIXILのバスルームで最高級のシリーズ、「SPAGE(スパージュ)」だけの設備。

「SPAGE」を選択した時点で標準価格が174万円(税込)。
(1.25坪の広さでの標準価格)

Chiyo
この価格じゃ、他の設備を変更したらあっという間に予算オーバー💦

 

流石に壁や浴槽を標準から一切変更できないのは辛いので、「アクアタワー」は諦めました。

カッコ良いけど、私はそこまで好きじゃないというのが本音です…(笑)

 

最高級の「SPAGE」シリーズから、お手頃な「Arise(アライズ)」に変更すれば選択肢が増えます。

「Arise」のオプションでつけられるオーバーヘッドシャワーはのこのタイプ。

 

 

 

 

Chiyo
ちょっとイメージと違う💦

 

チチロー
頭からシャワーを被りたいのは賛成。
でもデザインは普通のシャワーでよくない?

 

…確かに。デザインに憧れはあった…!

実は、旅行先で実際に↓このモデルをこの夏使いました。

 

使ってみた我々夫婦の感想…

 

海外製のモデルで、デザインはカッコ良かったけど湯量が微妙だった…!

オーバーヘッドシャワーと手持ちのシャワーとの切り替えが少し面倒…💦

Chiyo
実際に長く使おうと思うと…いらないか💦

 

そこでふとカタログを見てみると…

出典:LIXIL

 

チチロー
あれ?この「Arise」の標準仕様のシャワーの位置、高くない?

 

BESSの標準仕様(Arise)とは違うシャワーですが、基本的に「Arise」はこのシャワーが標準。

早速LIXILの担当さんとショールームで現場検証。

 

すると…

チチロー(180cm)でも頭の上からシャワーが浴びられることが判明!

実際に、もう7cm程シャワー自体を上に設置すれば理想の高さにできます。
(それも調節が可能かどうかを担当さんに確認済!)

 

これなら理想の湯量でシャワーが浴びられる!

手元シャワーとの切り替えもいらない!

 

しかし、子供たちは全く届かない高さ…💦

なので、手が届く位置に成長するまでは取ってあげる必要あり。

Chiyo
一緒に入るからいいか(笑)

 

タロー(小4)は多分ぎりぎり届くし、良しとします…!

今回はシャワーだけで終わってしまった💦

次回でお風呂選びは終わらせます!

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村




おすすめの記事